スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池上本門寺お会式2014 by 中年探偵団

無題nbnbnb

連続で、中年探偵団の登場です(^^)
10/12、東京大田区の池上本門寺で行われた、「お会式」(おえしき)の話です。
お会式というのは、日蓮聖人の命日に合わせて、大々的に行われる法要のことです。

第七百三十三遠忌(おんき)と、ポスターに表示されてますが、年忌も五十回忌、百回忌を超えると、遠忌と呼ぶそうで、日蓮さんが亡くなって、733年目というわけですね。





cd13f202.jpg

池上本門寺は日蓮宗の七大本山のひとつで、私の育った仲池上からも歩いて行ける距離にあり、中年探偵団の悪ガキ時代の、遊び場所のひとつでした。







20130125134328.jpg

太平洋戦争の空襲でも焼けずに残った、赤い五重塔は、慶長年間の建立で、わたしの大好きな五重塔です。




池上本門寺此経難持坂02

表参道の、96段の階段からなる此経難持坂(しきょうなんじざか)は、加藤清正公の寄進です。
昔、この階段を上がった左手に、古いお茶屋さんが営業していたのですが、いつの間にかなくなってしまいました。
雰囲気がよくてノンビリできた店だったので残念です。






017_20141208191614a48.jpg

日蓮宗の宗祖である日蓮聖人の像も、坂を上がって、すぐ右うしろに建っています。





029_20131014185934724.jpg

そして、ここ大田区の池上は、日蓮聖人の亡くなった場所でもあります。





img_0_20141208194225154.jpg

お会式 065

毎年、10/11から10/13は、全国各地の日蓮宗のお寺で、お会式という大法要が行われますが、ここ池上本門寺のお会式が一番規模が大きくて、3日間で35万人以上の参拝者が集まります。







お会式 032

お会式 024

なかでも、10/12の夕方から行われる、桜の花びらをあしらった光り輝く万灯が、大勢の信徒を従えて続々と練り歩く「万灯行列」は、お会式最大のイベントです。






135035220558813102224_IMG_2943a.jpg

日蓮聖人が亡くなったとき、庭先の桜が、季節はずれの花を咲かせた、という故事から、桜に見立てた造花で宝塔を飾った万灯行列が、ユラリユラリと行く様は、幽玄で綺麗です。





E7BA8FEFBC8DE5A5B3.jpg

1.jpg

威勢のよい若者の振る火消しの纏(まとい)を先導役にして、信徒の叩くうちわ太鼓のリズムと、息を合わせた篠笛と当たり鉦の軽やかな調子に、講中(信徒団体)の踊りも次第に熱を帯びていきます。




お会式 007-1

本門寺は中年探偵団の地元ですが、祭りには無縁のメンバー、なんとなく蒲田でお酒飲んでから参戦笑




お会式 019

お会式 033

fffmaxresdefault


お会式 040

沿道はすごい人手で、われらは電車みたいに一列につながって歩いてゆきました笑




お会式 045

お会式 055

沿道の見物人も、池上通りから、表参道、総門をくぐって、此経難持坂から大堂へと、万灯行列につられて進みます。






お会式 062

お会式①


rimg1398.jpg

お会式 069








万灯行列に参加している団体さんたちを収めた動画を見つけたので添付しておきます。
2013年のお会式の模様ですが、纏い振り、万灯、うちわ太鼓、当たり鉦(かね)、篠笛、お題目を唱えながらの踊りとかも、丁寧に撮影されてる動画です。
(動画撮影 kota2chanさん)







お会式 075

お会式 077

お会式 085

われらも、殊勝にお参りして散会です。

もちろん、ちょっと汗をかいたあとの一杯を、欠かすような探偵団ではありません笑

では(^^)








※追記

tokyub-mori07.jpg
↑昔、私が親しんだ、東急バスの上池上循環。





無題gffgf

↑それが、お会式のときだけ、周辺の道が通行止めになるので、この「大坊前」止まりの臨時バスが見られるんですww
当時は巻き取り式の行き先幕でしたが、このレアな行き先表示を見るのが大好きでした笑





c0130964_10292390.jpg

↑これも、同じくお会式だけのときに走る、レアな「本門寺前」止まり。
ま、どうでもよい話でしたが・・・



にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村


演歌 ブログランキングへ

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

女性芸能人・女優 ブログランキングへ

KARA ブログランキングへ

街並み巡り ブログランキングへ



スポンサーサイト

中年探偵団パトロール日誌 @ゴジラ60年激闘伝説「大ゴジラ特撮展」

店img00000510
皆さん、タイヘンお久しぶりです(汗)
こちらのブログ、前回の更新から、ほぼ90日間、サボっておりました。
いったんサボり癖がつくと、容易に抜け出せないものですね!読者のみなさんに忘れ去られないように、人のタメにならない記事でも、ガンガン更新していきますよ笑




o0800106713038373511.jpg
さて、今回は、もうお正月も近いというのに、今年の8月に行ったゴジラ展の話ですよ(^^;)
呆れてないで、ついてきてくださいね~~(^^)/






諸星新子安 001
さて、中年探偵団東京メンバーの3名は、ゆる~~い都電経由で池袋の町へ・・・







8月12日までi-phone 112
ゴジラ展の会場に来るだけで、エネルギーほぼ使い果たしたワタシら・・・






8月12日までi-phone 113
なんでもいいからビール補給!・・・ということで、すぐ近くにあったタイ料理の店?







8月12日までi-phone 117
なかなかイケるビールですが、名前忘れた・・・







8月12日までi-phone 118
つまみの品。





8月12日までi-phone 119
↑コレ、うまかった!!!
名前忘れた(汗)






8月12日までi-phone 121
ダンディーで、どんな難局にもオトナ対応なS氏と・・・







8月12日までi-phone 115
良く言えば、少年の好奇心を持ち続けてる中年、N氏。

「スカしてんじゃねぇよ~~」が、座右の銘!(^^;)

今も、静かなタイ食堂で「うめえぇな~~」と吼えてます。







35d37d0c958034bef17a2c5981204f48.jpg
さて、アルコールは軽めにおさえて、インポートマートビル4Fの「大ゴジラ特撮展」会場へ・・・






8月12日までi-phone 122

8月12日までi-phone 126
お出迎えの、ナイスなツラ構えのゴジラ君と記念撮影!






sz3TxNs.jpg

o-GODZILLA-facebook.jpg
この「大ゴジラ特撮展」は、もちろん、ハリウッドがリメイクした第2弾の「GODZILLAゴジラ」公開の援護射撃的宣伝なわけですが、どうも、このハリウッドリメイク版は、前回もイグアナみたいなゴジラになってたし、今回もぶっちゃけ期待はしてません(実際、ロードショー見ませんでした)





b37ab3ead68d0c514c1bfe39c178b38d.jpg



↑たしかに、パニックムービーとしての迫力は十分なんですが、やっぱり僕らの世代は、怪獣は着ぐるみが基本でしたから、どうしてもCGのゴジラは違うモノに見えちゃうんですよね。
映画としては、CGを駆使して、完璧な画面を見せてくれますが、なにかが物足りないんです・・・うまく言えませんけど。









↓こちらは東宝の初代「ゴジラ」劇場公開ポスター
godzilla_1954_poster_03.jpg

a0118823_1143292.jpg

Gojira_1954_poster_3.jpg











「ゴジラ」予告編








poverty186133_20141201201928519.jpg
そして、なによりも、初代のゴジラは、水爆実験で生まれた、核の落とし子であり、当時ビキニ環礁で起きた、第五福竜丸の被爆事故などの世相を反映した社会派ドラマだったんです。










1355187830.jpg
ゴジラを世に出した円谷英二監督は、私の小学校時代、「ウルトラQ」という特撮TVドラマを監督して、当時の少年たちの心をわしづかみにしました!









↑「ウルトラQ」石坂浩二のナレーションが不気味でした!
このドラマも、脚本が社会性があって、今ビデオを見ても、大人の視聴に十分耐える作品でした。








hhhhimg_3
円谷監督は、着ぐるみに入る役者に、細かく演出や指示を出していたそうな・・・。








Godzilla-2014-HD-Wallpaper-Picture-Free.jpg

1190955505852.jpg
東宝で28本作られたゴジラ映画が、アメリカのハリウッド製作のゴジラ映画と決定的に違うのは、”ゴジラは、役者の渾身の演技だった!”ということです。









諸星新子安 004
会場には、円谷監督の等身大フィギュアもありました。







諸星新子安 003

img_1_201412012121432d8.jpg




8月12日までi-phone 131
ぼくらは、特撮探偵団!








諸星新子安 009

諸星新子安 012
おお~~っ!

パンフレットにスタンプを押す、ゴジラ女子発見!
一緒に飲んで、語り合いたいですなぁ。











8月12日までi-phone 136
このあと、会場をあとにしたわれらは、川崎駅前に、期間限定で営業中の、「怪獣酒場」へと向かったんですが・・・







諸星新子安 016
ここは、中年呑兵衛に、超人気の店。






諸星新子安 018
せっかく並んだものの、残念ながら、われらの直前の人までで満員に!!!
見てください、このガックシ顔・・・

次回、リベンジしてやります(^^;)









にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村


演歌 ブログランキングへ

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

女性芸能人・女優 ブログランキングへ

KARA ブログランキングへ

街並み巡り ブログランキングへ

中年探偵団みちのく紀行 その4

3日目 磐梯熱海温泉~三春滝桜~滝根町墓参~あぶくま洞~福島駅(東京へ)




IMG_20140614_0001.jpg
さて、福島の磐梯熱海温泉郷に泊まった我らは、午後は雨予報ということで、猪苗代湖方面へ行くのをあきらめ、一路、三春町を目指します。

三春町には、日本三大桜のひとつ、「三春滝桜」があるのです。
福島県の枝垂れ桜番付でも、堂々の横綱を張っています!

にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ






2ec9c471d39546e869513f105e5259af.jpg
磐越熱海インターから、磐越道を通って、船引三春インターへ。





140419386.jpg
どうも信用できないカーナビに頼りながら、10分ほどで滝桜の駐車場に到着。



IMG_20140614_0001_0002.jpg





滝桜の入り口を入ってから、さらに数百メートルは、ずっと売店ばかり・・・
123961047109616105218_DSC_0815_800.jpg

e0167780_1630036.jpg

2008-4-7C2ECBAF9C7E4C5B9A5AAA1BCA5D7A5F320014.jpg

e0167780_16293116.jpg 
福島パワーにあふれてます。






 









三春滝桜福島 043

福島 049

福島 055
樹齢1000年以上といわれる滝桜。
エドヒガンという種類の紅枝垂れ桜です。
高さは約13m、幹回りは8m、根回り11m。
見ごろは毎年、4月の中旬から下旬。
小さな紅色の花をたくさん咲かせ、滝が流れ落ちるように見えることから、滝桜と名が付きました。

パンフによると、平成14年の台風では、最上部の幹が折れ、平成17年には降り続いた大雪で、太枝を含む20本以上の枝が折れたりしています。
なので、昔見た樹勢よりも、だいぶ低く、こじんまりとしてきた印象を受けました。
しかし、保存会のみなさんが、土壌改良や、樹勢回復の作業を、丹念にやられているおかげで、今年も見事な花を咲かせていました。










福島 057
樹を守るための外柵で、近くには寄れませんが、樹の肌は、遥か10世紀を生きてきた、迫力を感じさせます。







福島 061
根元に立つ祠。
 





福島 050
N氏とS氏も、記念写真位置で、ポージング(^^)v






2008-4-7C2ECBAF9C7E4C5B9A5AAA1BCA5D7A5F320011.jpg

2008-3-20BBB0BDD5BCCCBFBFB4DB20011.jpg
売店では、絵葉書もたくさん売られてます。
自分が撮った滝桜の写真は、やっぱりコンデジの限界で、ちょっと物足りないです。
今日ばかりは、一眼持ってくれば・・・と悔やまれました。










takimap.jpg
このあとは、三春町をあとにして、私の祖母の実家がある福島県の滝根町へ・・・
あぶくま洞や入水鍾乳洞、星の村天文台などがある、田舎町です。





10030_001_00024.jpg

IMG1899.jpg
小野インターを下りたら、そこは田村市。




CIMG1392-1.jpg
田舎道をくねくね走って、滝根町に近付くと、大滝根山の頂上に、風力発電のプロペラが見えたりします。





0530005.jpg
実はこんなデカいプロペラがブンブン回ってます!





img_1.jpg
滝根町を通る、唯一の鉄道、磐越東線。
郡山といわきを結ぶローカル線で、無人駅も多いです。
踏み切りには、遮断機もほとんどなく、1時間に1本とか、忘れたころに、突然列車が通るので、踏み切りを渡る時は要注意です。





400.jpg
地元滝根町にある神俣駅・・・お洒落なデザインで、かなり浮いてますが笑







401-1.jpg
東北では、わりと有名な「あぶくま洞」は、ここ神俣で下車します。






kammata20120811a.jpg
磐越東線の別名は、【ゆうゆうあぶくまライン】・・・わりといいネーミングかも。
あ、滝根町には、N氏S氏が、ぜひ、私の父と祖母の墓にお参りしたいとのことで、寄り道しました。
亡き父と祖母もきっと喜んでると思います。
お二人のご好意に、深く感謝申し上げます。








Dsc02268.jpg 
墓参のあとは、あぶくま洞を目指します。







74b4d65b-2.jpg
山道を昇っていくと、やがて駐車場。
異様な山肌は、石灰岩が露出してるからです。
このあたりの高地は、石灰岩を多く含んでいて、あぶくま洞も、石灰岩の採掘中に偶然発見されたそうです。






127817783526416310569.jpg
階段の上に見えるのは、阿武隈神社の社殿です。





福島 065 
神社へは、この山門から、階段を昇っていきます・・・もちろん、中年探偵団はスルーです笑







福島 066
あぶくま洞の入り口向かって歩くふたり。
この日は平日でもあり、見学は我らだけかも・・・








あぶくま洞33-412.jpg

8638aed6b59b91e31dff404e7f1d5f94.jpg
昭和44年に発見されたあぶくま洞。
一般ルートは600m。ちょっと窮屈な探検ルートは120m。
しかし、この先には、約2500m以上の未公開部分の鍾乳洞が続いているそうです。
洞内の平均気温は14℃。冬季には最下層で0℃になるとのこと。




abukumadou1.jpg
一般コース600mとはいえ、狭い洞窟を背をかがめて、アップダウンの連続です・・・大丈夫かな。
ま、40分位の辛抱ですよ~~~がんばりましょう(^^)/





福島 070
とくに、暗い場所は、長野の善光寺お戒壇めぐりで、大弱りだったN氏・・・もう言葉数が少なくなってます笑






abukumadou-gaiyou5.jpg


福島 078 
かなりしんどそうな二人・・・でも実は、彼らを撮ってる私が、一番足腰弱いんですww







福島 071
妖怪の塔。





福島 072
白磁の滝。







滝根御殿
H0000017187.jpg

A0803160-2.jpg

8173449.jpg
3枚とも同じ、滝根御殿という、あぶくま洞最大の空間です。
ちょっとネットから引っ張ってきた画像ですが、日によって、ライトアップの、光線の色加減で、雰囲気が全然違いますね!

酸性の地下水によって石灰岩が溶かされ、空洞になった部分に、長い年月をかけて、天井や壁面から沁み出た石灰分(炭酸カルシウム)が、再度、結晶したものが、鍾乳石になります。
形によって、石筍とか石柱とか、いろんな形状に変化していきます。 









f959fdb9a6d8153c337c9d7c2dd0b0f3.jpg
洞窟というのは、子供のころから怪獣映画によく登場する舞台ですが、ちょっと気味が悪くて、ワクワクしますね。





福島 083-1
さて、もう半分は来ましたから、もう一息ですよ~~






福島 093-1
自分は、こういう、非日常の雰囲気は大好き!







福島 087
中には、けっこう入場者がいましたね。







福島 086-1
観音像。
ピンボケばかりだったけど、けっこう洞内で写真撮りました笑







福島 097 



福島 098-1
きのこ岩。







福島 099-1
巨大石筍、クリスマスツリー。







福島 101

福島 100-1 
ここ、ひとりだったら、かなり怖いかも・・・
 








福島 102-1 
月の世界。









福島 104
小探検でしたけど、お疲れ様でした。















p4.jpg
その後、福島駅まで車を返しにゆき、駅前の中華屋さんで旅行の無事を祝って乾杯。しました。
帰りの新幹線の中でも、皆でのんびり焼酎飲んでました笑
 







c0087158_124571.jpg
そして私は大宮で降り、ふたりは東京へ・・・

またみんなで、愉快な旅に行きたいですね~~
(4月の旅行記、いまごろやっと完結UPなんて・・・最近ほんと筆不精な私です)

みなさん、お忙しい中、お付き合いくださいまして、ありがとうございました!






にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ









中年探偵団みちのく紀行 その3

 2日目 南三陸町~神割崎~仙台(楽天Koboスタジアム)~福島磐梯熱海温泉(金蘭荘花山)
仙台福島i-phone 076-1
ホテルに貼ってあった、吉永小百合さんの、JRのポスター。
バスの行く先表示の、BRTというのは、バス高速輸送システムのこと。
東日本大震災の被災により、一部不通となっている気仙沼線や大船渡線などは、現在、暫定的に、BRT代行バスによって結ばれている区間があります。
長年、住民の足がわりになっていた、鉄道の不通区間の復旧は、採算も考えると、元通りというのは、なかなか難しそうです。





にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ








仙台福島i-phone 077-1
前回ご紹介した、被災地を風化させないための語り部ツアー。
被災地を、ほんの僅かですが、自分の目で見る・・・というのは、やはりテレビの報道で見るのよりも、重く心にのしかかってくるものが、ありましたね。
まさに、「百聞は一見にしかず」でした。
さて、ショボンとなっている探偵団諸君、気分を変えて、楽しく行きましょ~~





仙台 181
さて、我らは再び交代でハンドルを握り、ホテルをあとにして、近くの神割崎へ・・・










神割崎
仙台 218
その昔、村の境を争う人々を見かねた神様が、岬の岩を、真っ二つに断ち割ったという伝説が残る、神割崎・・





仙台福島i-phone 104














仙台福島i-phone 113
神割崎の近くでうろうろしていたら、N氏の友人が車で駆けつけてくれました。





仙台 232

その後、仙台まで急いで戻る我らのために、三陸道の入り口まで先導してくれて、マジ助かりました~~










楽天Koboスタジアム宮城

仙台福島i-phone 120

南三陸町から車をぶっ飛ばして、約1時間ちょっとで仙台に着いた我らは、いったんレンタカーを営業所に返し、楽天Koboスタジアム宮城(略称コボスタ宮城)へ・・・
以前は、クリネックススタジアム宮城と呼ばれてましたが、楽天が命名権を取得して2014年から球場名が変わりました。






仙台福島i-phone 117 
ここはもちろん、楽天ゴールデンイーグルスの本拠地です!
2013年は、マー君(田中将大)の、24勝0敗という、鬼人のごとき大活躍で、球団創立9年目で、悲願の日本一も達成しましたね。
今年は、マー君の抜けた穴を、いかに埋めるかが、楽天の課題です。
難しい問題ですが、東北はじめ、楽天ファンは粘り強く応援しますから、諦めないで、がんばってほしいです!






福島 002-1
筋金入りの楽天ファンであるN氏・・・お気に入りのジョーンズのボードを抱いて、記念撮影を強要されました。







仙台福島i-phone 132

4/20は、楽天vs日本ハムのデーゲーム。
ほぼ9割以上は楽天ファンで、日ハムの応援はライトスタンドのみ。







福島 013
試合前には、チアガールも出てきました!
小さなデジカメでは、残念ながらアップは撮れず・・・








福島 010
楽天は辛島、日ハムは大谷の先発・・・ これを見たのは4/20ですから、まだ星野監督が指揮されてました。
現在、腰の厄介な病気で休業中ですが、早く治して、復帰されることを願っております!








福島 017
ホームの3塁側内野スタンドで、まわりの楽天ファンとともに大声援を送る探偵団。
しかし・・・
満塁のチャンスもありましたが、好調の大谷を崩せず、ことごとく凡打の楽天。

結局は4-2で、日ハムの勝利でした・・・
特に、この試合まで打率.171と大ブレーキのジョーンズに、星野監督は、
「4番の打率が、背の高さより低くちゃ、勝てんよな・・・」と、あきらめのコメントでした。
再三のチャンスで、声を張り上げて、応援できたので、負け試合ですが、また今度に期待!ですww






福島 019
ちなみにこれは、右が私のおNEWの帽子、左がN氏愛用の帽子・・・年季の入り具合がハンパないです笑













磐梯熱海温泉「金蘭荘花山」
main.jpg 

20100605000723062-1.jpg 
球場から仙台駅に移動して、さらに新幹線で郡山へ・・・
郡山でまたレンタカーを借り、30分ほど走って、2日目の宿、磐梯熱海温泉の金蘭荘花山へ到着。




仙台福島i-phone 152 
ロビーから見える中庭で、桜が満開になってました~~~




仙台福島i-phone 142

館内やお食事処は、お洒落な竹飾りが施されていて、無骨なオッサンの旅には、やや不似合い?笑






福島 020 


仙台福島i-phone 144

朝から晩まで交代で運転していたので、夕食のお料理よりも、アルコール補充!笑
何を食べたのか、まったく覚えてませんが、ビールが喉に沁みて、マジ美味しかったんですww




仙台福島i-phone 148 
満開の桜にあわせてるのか、シャンパンにも桜。






仙台福島i-phone 145 
お料理にもアクセントの桜!







福島 036 


福島 035

似合わないカゴを持って、露天風呂へ~~~♪






福島 023 

福島 026 

露天風呂で、桜が満開だなんて、初めてでした~~~!!!







仙台福島i-phone 141 

でも、浮かれてばかりは、いられません。

なんと、我らの泊まった部屋No.が、311・・・

どうやら、昨日の南三陸町から、引きずっているようです~~~











中年探偵団みちのく紀行 その4に続く・・・




にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ




中年探偵団みちのく紀行 その2

2日目 南三陸町 震災を風化させない為の語り部ツアー
(2014年4月20日被災地訪問)






昨夜はたっぷりお酒を飲んで爆睡してた我らですが、朝っぱらから、ニャアニャアと猫の鳴き声がうるさくて、目を覚ましたら・・・




仙台福島i-phone 067
なんと、鳴いてたのは、ウミネコでした!




にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ





仙台 162
窓のカーテンを開けて顔を出すと、ウミネコが次々に飛んできます。
寝ぼけてた我らは、みんな起こされてしまいました。






仙台 160
食べ物をあげるやさしいN氏。
 









仙台 169

仙台 171
すっかり目が覚めた我らは、朝風呂へ・・・オーシャンビューの露天風呂が、清々しいですww













仙台福島i-phone 095-1

仙台 183

朝食をいただいてから、ホテルが企画している、被災地の語り部バスツアーに参加しました。
これが、今回の旅行の目的のひとつです。
ぜひ、東日本大震災の被災地を、この目で見ておこうと、思ったのです・・・
3人ともちょっと緊張しながら、バスに乗りました。
希望者は2台のバスに分乗して、約一時間ほど、南三陸町の現在の様子を、スタッフさんから説明を聞きながら、バスの中から見てまわります。

















南三陸町仙台 206
やがて、テレビの報道で見覚えのある、骨組みだけになった建物が見えてきました・・・南三陸町の防災対策庁舎です。
ここで私たちはバスから降り、お供えの花や千羽鶴の前で、手を合わせたりしました。 


 







東日本大震災3/11

南三陸町志津川小学校からの映像・・・はじめ、右手奥に見える横長の白い建物は、志津川病院。
その手前に、ポツンと、四角い防災対策庁舎が見えますが、屋上に人が避難しているのがわかります。

「走れ~~!」「早く上がれ~~!!!」
逃げ惑う人々に呼びかける声が、切なくて、今でもブログを作りながら、涙が溢れてきます。
4分50秒あたりで、引き波の中から、再び、防災対策庁舎の姿が・・・













0903_shizugawa-byouin.jpg 







91f35763s.jpg 
津波の動画が撮影された場所は、小高い山際にある、志津川小学校です。
















防災対策庁舎の2階で、最後まで避難放送を続け、津波の犠牲になってしまった遠藤未希さん。
この避難放送のおかげで、1万人以上の命が助かったと言われています。












0412-bosaimusen_endo_NP.jpg

img_4.jpg

2a459602619169c3d5489f2e8eca0f8b.jpg 



















防災 対策庁舎の避難の経過・・・
890c1a7a.jpg
津波が押し寄せる中、50人以上の方々が、この庁舎から身動きできなくなりました。
 あっという間に、水かさが増して、みんなは非常階段を昇って屋上へ・・・
2階で避難放送を続けていた遠藤さんの消息は、誰もわからないそうです。









c9682338-s.jpg
どんどん水位が増して、まわりはすべて水没。
アンテナのまわりで肩を抱き合って、身を寄せ合います。
少し高い非常階段の上にも、数十人が、必死に手すりにつかまっていました。








TKY201105210216.jpg
怒涛と言うしかない、津波の濁流。
これは、職員のひとりが夢中で撮影した一枚です・・・この方は一命を取り留めました。










20110503101105310.jpg
そしてすぐに、屋上も濁流に飲まれます・・・
アンテナの上部と、少し突き出た非常階段に、わずかに人影が見えるだけです・・・










2334e94f-s.jpg
この下に3階建ての庁舎があるとは、とても思えない光景。
奥の病院の建物の窓からも、滝のような濁流が飛び出しています。











img_3.jpg 

やがて、水が少しずつ引きはじめ、赤い鉄骨と折れ曲がった鉄筋だけになった、防災庁舎が現れます。
助かった方は、11名だけでした・・・ この建物が、もうワンフロア、高ければ、みんな、助かったのかもしれませんが・・・















2011100417503563b.jpg
↑被災前と、被災直後。









仙台 194
これは、現在の防災対策庁舎。
 









仙台 193
非常階段が、ぐにゃりと曲がっています。








仙台 201
鉄骨には、卒塔婆や、たくさんの千羽鶴が供えられています。










仙台 196
ここを訪れた方々は、みな言葉を失うほど、ショックを受けます。
大震災や大津波の怖ろしさが、如実に伝わるからです・・・
この、防災庁舎を残すか、残さないかで、論争が続いているそうです。
残したいという意見も、残したくないという意見も、両方とも、切実で、よくわかりますね・・・








無題ccv
震災前の南三陸町は、こんなに美しい町だったんですね。








仙台 198

仙台 197
防災庁舎のまわりを見ても、まわりに1軒の家もなく、ただ、建物の基礎しか残っていません。









仙台 210
少し離れたところに、ポツンと佇む、ブライダルホールの高野会館。
当時、300人ほどの来館者がいたそうですが、4階から屋上に上がって、みな助かったそうです。










仙台 203
私たちの行った日、南三陸町は、ちょうど、桜が満開でした。









sato1110-0015.jpg
南三陸町だけでも、建物の全壊・半壊が6000戸以上。
亡くなられた方、600人以上、行方不明の方、200人以上・・・
東日本大震災から3年経ちましたが、南三陸町の復興は、まだまだです。











東日本大震災で犠牲になられた方々、いまだ行方不明の方々のご冥福を、心からお祈り申し上げます。



中年探偵団みちのく紀行 その3へ続く








にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ

中年探偵団みちのく紀行 その1

1日目 仙台~塩釜市場~松島五大堂・遊覧船~石ノ森萬画館~南三陸町仙台 007
さて、今回は久しぶりに登場の中年探偵団です(旅行から、1ヶ月遅れのUPでスイマセン)
4/19の東京駅に、朝っぱらから集合した我らは、いつもより少し足を伸ばして、東北旅行へ行ってきました。
ロングノーズのE5系の前で・・・左はN氏、右はS氏、そして、カメラは私という、毎度、お騒がせコンビであります。


にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ



仙台 002
各駅停車の旅が好きな我ら探偵団には、初の新幹線です。
はやぶさ5号で、8:20に出発して、目的地の仙台には9:51には着いちゃいます!




仙台 013
おのおの、売店で好きな駅弁を買い込んで出発~~私、これ、大好きなんですww
あれ?お弁当にはビールじゃないの?って・・・



仙台 015-1
実は、仙台からは車を借りて、3人で交代に運転して、観光する予定なんです。
なので、今日は宿に着くまで、全員ビールはおあずけ、なんですww
果たして、ホテルに着くまで、アルコールなしで、がんばれるのか???みんな(^^)v







P1030581.jpg
さて、時速320キロでぶっ飛ばす、はやぶさで、わずか1時間半で仙台駅に到着~~




blog_import_4d08914e6d20c.jpg
駅を出て、まずはレンタカー屋さんへ・・・



仙台 017
運転手一番手はN氏~~彼の愛車と同じ車種ですが、「ヴィッツなら、任せてよ~~」って、ほんとに大丈夫?




05_20140524150622d23.jpg
仙台東インターから、仙台東部道路、三陸道で、松島を目指します。



s-120928-112.jpg
東日本大震災では、相当甚大な被害を受けた地域を通ってるのですが、ハイウェイから見た限りでは、ほとんど、被災の跡は感じられませんでしたが・・・


3/11の震災時には、近くに高台がないため、仕方なく、道路の盛り土の法面(のりめん)をよじ登って、この有料道路上に避難して、助かった方が、約230人もいらっしゃったとか・・・








その後、津波等の緊急時のため、有料道路へ登る、避難階段が作られ始めたそうです。
これ、もっと必要ですよね!








塩釜水産物仲卸市場123979543263616120228_IMG_4415.jpg
さて、松島方面に向かっていた我らですが、
「お昼を、塩釜の魚市場で食べようよ」という、N氏のリクエストで、急遽、塩釜に行く先変更。
ここでS氏に運転交代。
一般道に下りて、ナビに入力したものの、どうも、目的地から離れるばかり・・・
あせって、あちこち迷いましたが、なんとか、お昼過ぎに、道路標識と勘を頼りに、塩釜市場に到着しました。
普段、使い慣れてる、自分の車のナビとは、勝手が違いますからね・・・皆さん、レンタカーのナビにはご用心です!





仙台 021
場内で好きなネタを買って、休憩所で、自分でご飯に乗せて食べる、という、塩釜市場攻略法もあるみたいですが・・・


仙台 028
我らはこちらの、塩釜市場食堂へ・・・昼どきで、ちょっと並びましたが15分ほどで入れました。







仙台 030-1
↑N氏は市場定食

仙台 031
↑S氏は塩釜海鮮丼

仙台 033
↑私は塩釜よくばり丼・・・ネタはもちろん新鮮でした!お値段もそれぞれ1000円ちょっとなので、コスパは高いですね。
冷たいビールが欲しいとこですが、3人ともガマン!!!探偵団、やっぱりオトナ笑






松島 瑞巌寺五大堂
仙台 049
食事後は運転手交代で自分がハンドルを握りました。
塩釜から松島は、30分もかかりませんでした。
車を満車の駐車場に、やっとこ入れて五大堂へ・・・



仙台 047
さすが松島は、観光客も多いですww




c0195656_00437.jpg
五大堂です・・・なんだか、やたら古そうな建物だと思ったら、なんと、伊達政宗が1604年に再建したものだそうです。
410年前に建てたものですよ!
東北地方で最古の、桃山建築の建物らしいです。




P1140543-22876.jpg
ここに安置されてる、秘仏の五大明王は、33年に一度だけ、ご開帳されるとか・・・見てみたいですww
何々?有名な蟇股(かえるまた)の彫刻?・・・



137649603173613206072_IMG_0828.jpg
あ、これですね・・・これは羊です。
お堂の四面にある蟇股(かえるまた)に、十二支の透かし彫りが、彫ってありました。





仙台 038
うしろは松島湾・・・暖かそうに見えますが、けっこう冷たい海風が吹いてました!





松島湾遊覧船仙台 057
そのあと、近くの桟橋から、松島湾遊覧船へ・・・




仙台 059
私たちが乗るのは、丸文松島汽船の、あおば号・・・この旅行の、つい3日前に、韓国で大型旅客船セウォル号が沈没した事故があったばかりだったので、さすがに、避難口や浮き輪などチラリと確認しました。





仙台 063

仙台 079

仙台 073
松島湾を一周して約50分くらい・・・いろんな形に侵食された小さな島々を眺めて戻ってきます。
環境問題で、ウミネコのエサやりが禁止になってたのが、ちょっと残念でした。





仙台 096
みんな、ここに片足乗せるポーズしますね笑

仙台 095
ちなみに、これ・・・舟のロープを繋ぐやつをビットというそうです。





仙台 102
桟橋近くの瑞巌寺は、平成30年まで、平成の大修理をやってるんですね。

瑞巌寺ホームページ 


無題vvv
工事中でも、お寺は見れるんですが、瑞巌寺をパスして先へ行きます。








石巻市 石ノ森萬画館仙台 141
次の目的地は、石巻にある、石ノ森萬画館。
宮城県出身の漫画家、亡き、石ノ森章太郎氏の記念館で、2001年にオープンしました。
場所は、石巻市の旧北上川の河口近くの中瀬にあります。




Around_Mangattan_Museum_in_Ishinomaki_after_tsunami.jpg
しかしここも、2011年3/11の東日本大震災で被災してしまいした。




PAP_0092.jpg
津波の被害は甚大で、1Fの天井まで浸水したそうです。




tumblr_mdrz8gJ3s91rvirkio1_1280.jpg
施設が再開できたのは、2012年の11月のこと・・・2013年3月には、リニューアルオープンしたそうです。





仙台 110
石ノ森章太郎氏の大ファンであるN氏は、ぜひ、ここに来たかったんです!




仙台 108
石ノ森萬画館の社用車にも、ステキなペインティングが。





仙台 111-1
受付のアテンダントさんは、愛嬌いっぱいの美女でした!
石ノ森章太郎氏原作の、サイボーグ009に登場する、紅一点のヒロイン、003号のフランソワーズのコスチュ-ムです。






彼女は、石ノ森萬画館のインターネットミュージアムにも出てました。




仙台 137-2
展示物そっちのけで、S氏にシャッターを押してもらった私(笑)





仙台 112
こちらは、館内の展示物を真面目に見てまわるN氏。




仙台 114
手塚治虫をはじめ、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、藤子不二雄など、そうそうたる若手漫画家の巣窟だった、トキワ荘の精密模型がありました(模型作家、芳賀一洋氏の作)
細部まで、作り込まれた逸品です。






仙台 125




仙台 127

仙台 130

仙台 128
たくさんの漫画家から贈られた、開館祝いの色紙も展示されてました。







南三陸ホテル観洋
仙台福島i-phone 057

仙台福島i-phone 058
石ノ森萬画館でのんびりした一行は、車を飛ばして、今夜の宿、太平洋に面した、南三陸ホテル観洋へ・・・






03650-52232-pc.jpg
旅装を解いて、とりあえず風呂へ♪
明るければ、こんなオーシャンビューの露天なんですが、あいにく夜6時過ぎで、太平洋の眺めも真っ暗でした。
なので、これはホテルのホームページからお借りしました。
内風呂から扉を開けて、露天風呂に出たとたん、気温5℃の寒風!
あまりの冷たい風に、露天めがけて、頭から飛び込みました。
いや~~気持ちイイけど、心臓に悪い!




仙台 143

仙台 144
そして夕食・・・昼間、飲みたいのを極限までガマンしてたので、ビールが喉に沁みるww!



仙台 145
さすが、海べりのホテルだけあって、海鮮はどれ食べても旨かったです~~アワビの踊り焼きなんかも付いてましたよ!






仙台 151

仙台 150

仙台福島i-phone 065
夕食後は、館内をぶらついて、お土産などを物色していましたが、やっぱり飲み足りない我ら・・・
お客さんのまばらな、クラブ龍宮ヘ突入~~~。
毎度おきまりの、カラオケ絨毯爆撃の夜になりましたとさ(^^)v


中年探偵団みちのく紀行その2 につづく。


にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ




テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

上田城と海野宿のうだつ(中年探偵団長野篇2)

中年探偵団長野へ・・・PART2です。
戸隠から一時間半ほどクルマを飛ばして、今夜の宿、「千曲館」へ。長野 247
千曲川沿いにある戸倉温泉・・・静かな(人のいない)温泉郷です。

長野 237-1
さっそく、ひとっ風呂浴びて。

長野 155
長野 156
長野 158
カンパ~~~イ!(あれ?普通ブログの筆者が顔出しして、ほかの人は目隠しですよね?これ、逆ですね笑・・・まっ、いいか)

長野 269-1
夕食後、もう少し飲みたいね~ということで、宿のSNACKへ・・・

長野 202
すると、ここの雇われママさんが、歌も上手いし、

長野 209
軽やかに踊りも舞うという芸達者でした!

長野 208
こうなりゃ、負けじと、S氏は70年代の甘いポップスで!

長野 168
N氏は、得意の浜省と忌野清志郎でシャウト!

長野 210
長野 163
長野 175
お客さんは、ず~っと我々3人のみ・・・戸倉温泉の夜は更けてゆくのでした。


長野 238
さて、朝早く目覚めたN氏は、今日寄っていく場所を調べてくれてました。

長野 255
早朝の千曲川沿いをお散歩・・・

長野 153
めし食って、いざ出発ぅ~~~
東京への帰路、上田城跡公園と、海野宿に寄ることにしました。

長野 329-1
ほどなく、上田城に到着。
正面にあるのは、東虎口櫓門(ひがしこぐちやぐらもん)です。
虎口というのは、城の大きな通路の出入り口のことです。

長野 277
真田二勇士(^^)/

長野 328
南櫓・・・上田城は、真田昌幸によって築城され、、徳川軍と戦い、上田合戦で、2度にわたって徳川軍を退けた舞台となりました。
真田氏、仙石氏、松平氏と、12代の城主につかえてきた名城です。

長野 289-1
なかでも、六文銭の旗印が有名な真田氏は、現在でもたくさんの人々に敬愛されています。

長野 288
真田石・・・上田城は、関ヶ原の合戦後に廃城となりますが、真田信之が松代に移封されるとき、「この石だけは父の形見として持っていきたい」と願ったが、微動だにしなかった巨石。
現在残る石垣や、南櫓など3棟の櫓は、真田氏から代わった、仙石忠政により再建されたものです。

長野 318-1
真田神社で、戦国の名将に参拝。

長野 319
真田神社の裏手にある真田の井戸・・・城の北方にある太郎山の砦に通じていて、合戦の際、兵量の運搬や城兵の出入りに使用されたとのこと。

長野 306
北櫓と南櫓の中へ・・・

長野 299
長野 301
引き上げ戸。

長野 298-1
鉄砲狭間。

長野 322
上田城跡公園には、残念ながら、本丸は残っていませんが、400年の時を重ねてきた、歴史と風格を感じさせてくれる所です。
(珍しく、途中から真面目なレポート笑)

長野 331
ちょっと疲れましたか?このあと、海野宿に行きますからね~

長野 336-1
海野宿の入口にある白鳥神社・・・屋根の形に、歴史を感じます。

長野 337
境内に土俵を見つけたオヤジ達笑

長野 340-1
馬頭観音と、庚申塔。

長野 341
北国街道、海野宿です。

長野 343
街道の真ん中には綺麗な用水が流れ、道の両側には約650mにわたって、美しい家並みが続いています。

長野 363-1
この海野宿には、非常に素晴らしい建築物が残されています。
これは、本卯建(ほんうだつ)と呼ばれ、建物の両側にある壁を、屋根より一段高く上げて、小屋根が付けてあり、防火壁の役割をしていました。

長野 349
これはちょっと似ていますが、、袖卯建(そでうだつ)と呼ばれるものです。
1階の屋根の上に両袖壁を高く張り出して、装飾や格式の意味合いが強くなっています。
いずれにしても、このような卯建(うだつ)は、富裕な家でなければできない事から、「うだつが上がらない」→生活や地位がよくならない・・・という言葉が生まれたようです。

長野 409-1
白い漆喰のうだつが、建物を引き締めて、美しいです!

長野 365
これは、小屋根と呼ばれ、大屋根の上に、煙出し用の気抜き窓のある家を見かけます。
この地域では養蚕業が盛んで、蚕の飼育のため、室内で保温用の火を焚いたので、煙を戸外に逃がす必要があったからです。

長野 418
当時の養蚕業関係の古い看板もありました。

長野 368-1
この、うだつの右側にある窓の格子戸が、長短2本ずつの木で組まれているのがわかるでしょうか。
これは、海野格子と呼ばれ、海野宿の2階の格子戸に多く残っています。

長野 353
この家もそうです・・・2階の長い格子戸が海野格子で、1階の格子戸とは違う組み方です。

長野 397
これは、出桁(だしげた)と呼ばれる造りで、2階が1尺ほど、せり出しています。

長野 370
路地も、たいへん味わい深くて、入っていきたかったんですが、時間がないので我慢しました・・・

長野 380-1
時々、クルマが街道を通り過ぎていきます。

長野 385
N氏、どこかでタマネギを買ったようです笑

長野 433
お腹が空いてきたんで、この蕎麦屋にIN。

長野 426
暑かったのか、アイスもなかを購入するN氏。

長野 427
S氏はラムネ!

長野 419
店の奥では、地元のオバちゃん連がワイワイ。

長野 428
この店の名物らしい、くるみ蕎麦を注文しました。

長野 429
おつゆに、くるみ味噌をとかしていただきます・・・なかなかオツな味わい。

長野 421
野沢菜も付きます。

長野 431
長野で蕎麦3食目、でした~。

長野 394

長野 399
古い木造家屋が多いせいか、そこら中で、ツバメの巣を見かけました。

長野 387
長野 381
長野 438-1
長野 443
海野宿のはずれで、お土産屋のお姉さんに「ゆっくり見られました?いいとこだから、よかったら、また来てくださいね~」と声をかけられました。
べつに、お土産を勧めるわけでもない、その挨拶に、(また、来よう~!)と思った私でした・・・



↑ KARA「GO GO サマー」
まだまだ夏を楽しまなくちゃね!じゃ、またお会いしましょう。
最後まで、おつきあいいただき、ほんとにありがとうございました。
(中年探偵団一同)



善光寺暗闇のお戒壇めぐり(中年探偵団長野篇1)

久しぶりに、中年探偵団の登場です。言わずと知れた、N氏S氏と私の、幼なじみの3人組で、今回はなんとクルマを交代で運転して、旅行に行くことに・・・
なので、現地に着くまで、アルコールは禁止です。
あ、そうそう・・・毎度、幼なじみの無目的旅行なので、長くなりますから、みなさん、スルーしていただいて結構ですよ。

長野 003
出かけたのは、今年の6月2日です。
見かけによらず、時間に正確なN氏・・・ちょっとでも待ち合わせに遅れるとガンガン電話が入ります笑
高円寺駅前で私をピックアップして、環七から関越道をめざします。

長野 005
土曜日のAM、下りの関越はスムーズな流れです・・・そうだ、目的地、言ってませんでしたね。
長野県の善光寺です笑(理由は特に、ありません)




↑みんなドライブミュージック用に、CDいろいろ持ってきましたが、私は勿論KARAです!
この動画は2011年に新潟で行われたライブの模様です。

長野 012
距離や時間は、決めてませんが、自己申告制で適当に運転手交代。

長野 009
寝てても運転デキルというS氏←プライベートの時だけにしてね

長野 008
今回のロングドライブの相棒、N氏の愛車です・・・途中2回ほどトイレ休憩に寄って、順調に長野県へ。

長野 014
昼前には、善光寺に到着。
一同、腹が減ってたので、善光寺裏手の駐車場のそばにあった和食処へIN。

長野 017
冷たいビールが飲みた~~~い、けれど、まだ運転があるので、ノンアルコールビールを試してみましたよ。
キリンFREEを一気飲み!けっこう満足感あります。

長野 020
天ざるをたのみました。

長野 021-1
さすがは、蕎麦の本場長野県!蕎麦屋じゃないのに、フツーに美味しい蕎麦でした。

長野 022
N氏は、なんとご母堂様に「今、着いたから」と電話連絡←心配症なんだそうです

長野 025
境内に入ると、本堂のすぐ裏手でした。

長野 033-1
長野県が誇る古刹の大霊場、善光寺。

長野 032-1
N氏が写真撮って~とリクエストしたので、カメラを構えると・・・なんと、合掌ポーズ笑
うしろに写ってるのは、山門です。

長野 037
本堂にはいると、撫でられてツルツルになってる、びんずる尊者像がありました。
御釈迦さまの弟子の一人で、みんなの病いを引き受けてくれるそうです。

スキャン0002
↑そして、本堂の隅にある券売機で、内陣券というものを買い、お戒壇めぐりに挑戦いたします。

お戒壇めぐりとは
本堂の奥に、ご本尊が安置されている内々陣という高床式の舞台があり、その下の、真っ暗闇の地下回廊を、手さぐりで進み、極楽の錠前にさわって、出てくるというものです。
極楽の錠前に触れると、ご本尊との仏縁が深まり、極楽往生ができると、言われています。

長野 039

本堂内は勿論、地下回廊も撮影厳禁です。
私、S氏N氏の順で、階段を下りて、地下へ・・・5、6歩進むと、もう、何も見えない、暗闇に包まれました。
右手で壁をさわりながら、進んでゆくと、腰の高さのところに、極楽の錠前があるらしいのですが・・・
とにかく、右手を壁から離したら、自分の進む方向も、まったくわからなくなってしまうので、冷や汗がジワ~ッと出てきます。
目の見える範囲に、まったく、光のない世界は初体験で、かなりドキドキします。
ところどころで、右手に触れる壁が右側に丸くカーブしています。
つまり、右まわりに、O型の細長い廊下をゆっくり進んでいく感じでしょうか。
しばらく行くと、闇の先のほうから、キイ~~~キイ~~~ッと、金属のような物が、きしんで動く音が聞こえてきました!
あった~!とか、これかなぁ~とか、前を行く人の声が聞こえてきました。
うしろについてくるN氏の、怖ぇよお~~~という情けない叫びも、聞こえてきます。
そのうち右手に、金属の大きな、取っ手のような物が触れました!
ちょっと動かすと、キイ~~ッと、きしむ音がします。
極楽キップをGET~~~!!!
後続のオヤジたちのために、私も、あった!あった!と声を出してあげます。
やがて、前方に光がさしている場所が近付いてきました!明るい光の中に、出口の階段が見えます。

長野 042
長野 043-1
そこで、あとから、やってくるS氏N氏を待って、写真をパチリ。
これで、3人とも、なんとか、極楽往生できる筈なんですが笑
地下回廊は、手さぐりで、50mくらいは、歩いた感じでした・・・私個人的には、初体験の真っ暗闇が、楽しかったです。
N氏は、かなり弱っちゃったみたいですが笑

長野 076
本堂を出て、向かいの山門に昇ってみることにしました。

長野 057-1
山門からの眺めです・・・参道の向うに見えるのは、仁王門です。

長野 060
さっきの、お戒壇めぐりがこたえて、まだ弱っているN氏。
本当に何も見えない暗闇というのは、未体験の恐怖感を感じますから、無理ないです。

長野 087
↑我々が外を見ているのは、ここです。
上に架かっている善光寺の額は、鳩文字の額、と呼ばれています。

長野 084-1
この、善光寺の文字の中に、鳩が5羽いるので、そう呼ばれているそうですが・・・わかりますか?

善の一画目と、二画目にいますね、それから光の二画目と三画目にもいます。
寺の六画目の点にいますから、全部で5羽ですね。
それから、善の文字の真ん中が、牛を正面から見たように、見えませんか?
これは、牛に引かれて善光寺参り・・・というエピソードから、描かれているようです。

長野 050
境内では結婚式のカップルの撮影などもしていて・・・

長野 048-1
カメラマンの方の、足の踏ん張りが面白くてパチリ笑

長野 088
参道の土産屋さんを、ノンビリ物色して、善光寺をあとにしました。

長野 128
さて、旅館の入りまでには、時間があるので、クルマを1時間ほど飛ばして、戸隠へ・・・
ここまで来ると、標高があるせいか、善光寺に比べて、かなり涼しいです。
ここは、戸隠神社の中社に昇る参道です。中社から、さらに参道を上がれば、パワースポットで名高い、戸隠神社の奥社があるそうで・・・

長野 132-1
参道下にそびえ立つ、御神木の三本杉。

長野 109-1
まわりには、こんな茅葺きの乙な建物があちこちに建っています。

長野 112
しか~し、パワースポットの奥宮までは、かなり歩くと聞いて、あっさり諦めた我々は、戸隠名物の蕎麦屋へIN。

長野 142
蕎麦処うずら家さんです。

長野 140
長野 141

長野 145
見た目にも、美味そうな蕎麦が出てきて、写真撮るのも忘れて食べはじめ、途中で気づいてパチリ。
近所にあれば、毎日通ってみたい、抜群!の蕎麦でした。

長野 149
長野 113
1階の入口で手打ちで蕎麦を打っていました・・・中社の参道のすぐ近くにあって、激おすすめの店です!

長野 152
さてここから、一路、今夜の旅館、千曲川沿いの戸倉温泉へGO!


↑ドライブにぴったりのレディー・ガガ 「JUDAS」



↑ おまけ・・・レディー・ガガのメッセージ付き 「Born This Way」


中年探偵団長野篇2に続く・・・




テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

中年探偵団 年末年始巡回簿

パソコンにたまってる画像を見返していたら、12月、1月に、幼なじみの悪友連中と飲んだ時の写真が出てきました。
このブログに数回登場している、小学校時代からの友達であります。最近彼らと飲みに行けてないので、中年探偵団巡回記録として(笑)ちょこっと、UPしとこうと思います。12月と1月の写真ですが、ご容赦ねがいます。
2赤羽 001
昨年12月某日…大塚駅集合。

2赤羽 002
都電荒川線に乗って2つ目の東池袋4丁目でおりれば、歩いて5分で、サンシャインシティに入れます。

2赤羽 006
左はS氏、右はN氏…サンシャインシティの入り口で、おきまりのポーズ。

ttl_main.jpg
行き先は、リニューアルオープンしたプラネタリウム「コニカミノルタ満天」です。

2赤羽 008
1階のインフォメーションで、N氏はこともあろうに、このビルとは無関係の、まんだらけ池袋店の場所を聞いちゃったりして、困らせていました(泣)

2赤羽 011
朝イチだったので、プラネタリウムにはラクに入場できました。これは星空の投影機です。
プログラムは3Dの科学物「ガリレオ」でした。

2赤羽 009
N氏は、使い捨てカメラを係のお姉さんに渡して、3人の記念写真をお願いしました。

2赤羽 010
お姉さんがこちらを撮ってるすきに、私はお姉さんをパチリ!いつもの手段です(笑)
さて、肝心のプラネタリウムですが、「ガリレオ」のプログラムは、星空よりも3Dの景色が動くシーンばかりで、二日酔いのS氏は、気持ち悪くて、大部分、目を閉じてたそうです(笑)
もうひとつの「オーロラファンタジー」のほうにすればよかったね(ゴメンなさい)

赤羽の朝 016
プラネタリウムが終わって、まだ昼すぎ…どっか飲めるところへ、ってんで、赤羽に移動です。

赤羽の朝 026
昭和の横丁が残る一番街へ。

2赤羽 012
商店街に入ると、地元のゆるキャラ、あいちゃんが、子供たちにつかまってました。

2赤羽 013
地元では有名な、朝から飲める「まるます家」へ入りました。

img_1019966_33140572_1.jpg
おつまみ類が豊富で、庶民的なお値段で人気の店…しかし、超満員!…3人分の席が空くまで待ってましたが、なかなか空かず、店のお姉さんに「一人ずつバラバラに座らないと、いつまでたっても座れないよ」と、どなられる始末(オイオイ、お客なんだから、もう少しやさしく言ってよね)

2赤羽 017
そのうち、やっとテーブル席が空いて、飲みはじめましたが、従業員の横柄な態度にとうとうN氏が激怒!
中身がたっぷり入ったビール瓶を、カウンターに突っ返す荒技に…
従業員の態度の悪い店で飲みたくもないので、即清算して、河岸(かし)を変えました。
【反省】こういうカウンターメインの混雑する店は、一人の時に行くべきでした。これは、ひとえに、ナビゲーターの私が悪いんです(ゴメンなさい)それにしても、従業員の態度は雑すぎで、これは書いておこうと、思った次第です。

赤羽の朝 077
さて、気分を変えて飲み直そうと、あちこちウロウロして、この路地へ…

赤羽の朝 062
OK横丁という路地です。

3288513.jpg
偶然この路地裏に、昼間からやっている店がありました!こちらの「若大将」に突入。

2赤羽 019
まだ誰もいない2階のお座敷へ…
この「若大将」さん、当たりでした!係の女性も、若いのに接客はていねいだし、おつまみも多岐に渡って置いてあり、われらこのあと、ノンビリ日曜の昼酒を楽しまさせていただきました(^^)/ (けっこう酔っ払っちゃったんで、料理画像撮れず)

2赤羽 020
このあと、近くのカラオケへ…N氏、大好きな永ちゃんに空手チョップ!

2赤羽 024
N氏、浜省を熱唱中!

2赤羽 023
S氏、70年代の昭和歌謡シリーズ!

2赤羽 030
いろいろ疲れたんでしょうね。

2赤羽 028
糖分補給は忘れない(笑)

2赤羽 038
赤羽の夜は更けゆく…



よし、調子に乗って、もう少しおつきあいを。
今年1月某日…
上野 109
お昼、浅草雷門集合。

上野 119
この娘たちは関係ありません(笑)

上野 121
またまたN氏S氏と私の中年探偵団トリオ!

上野 123
今回は、N氏のリサーチしていた店へ…洋食のヨシカミの近くにあるらしいです。
どこに行くの?と、聞くと、「水虫食堂!」って言うから、「え、え???」と怪しい名前にビックリしていましたら…

上野 124
「水口食堂」でした(笑)

上野 127
とりあえず刺し盛り頼んで、キリンラガーで乾杯。

上野 128
われら、昼間会って、酒飲まない日…ないですww
おいしそ~なもの、いろいろ注文したんですが、食べる飲むに、夢中で、写真撮り忘れ。

上野 129
さ~こんど、どこ行く?

上野 141
正月だし、初詣行こ~と、殊勝なお答え(笑)

上野 142
でもって、お線香の煙…これは欠かせません!

上野 148
3人固まって(迷子にならないように)ごった返す本堂へ…

上野 150
天井の龍…今年こそ、競馬で私だけ大金つかめますように(笑)

上野 157
や~疲れた!どっかで飲んでひと休みしよ…て、また飲む?

上野 163
中年になりますと、あちこち悪いとこがあるんで、こういうの、素通りできなくなります(笑)

上野 171
どこかの蕎麦屋で、焼酎で乾杯(店どこだったか…)

上野 173
そしてカラオケ…みんな齢のわりに元気ですww

上野 177
思いっきり歌ったら、ノド渇いて…

上野 188
ちょっと古くて、よさげな居酒屋にIN。

上野 189
また写真撮ってないんですが、自家製つくねが、特にうまかったです。

上野 193
ゆっくり時間が流れてるような、居心地のいい店でした。

上野 195
「川よん」という店でした…お隣は有名な「捕鯨船」です。

上野 201
こんどは中華料理屋さん?

上野 205
チャーハン、ヤキソバ、またビール(笑)

上野 214
N氏、まだ飲みたいの?

上野 224
N氏とS氏は家が近いんで一緒に帰ります。
じゃ、そろそろ。

上野 219
たまには私も(笑)

上野 223
仲見世はもうシャッターが下りてますね。
じゃ、近いうちにまた巡回しましょう(笑)中年なんだから気をつけてね!











中年探偵団 温泉三昧篇

11月のはじめにUPした、中年探偵団の続編、忘れてました(笑)
箱根 126
大事件はなかったので、サラッと流してご覧ください。

箱根 124
箱根湯本に到着して、今夜泊まる旅館に行く前に、駅前の立ち寄り温泉に入ろうという事に…

箱根 139
旅館に行けばすぐ温泉に入れるのに、その前にわざわざお金を払って別の野天風呂に入るのって(笑)我ら3人とも変わり者です。

箱根 146
お見苦しい画像で申し訳ありません…お湯はかなり熱かったですよ。

箱根 149
かっぱ天国という名前にちなんだのか、黄桜のかっぱを描いた人の絵がありました。

箱根 167
さて、今夜泊まる旅館、開雲さんに着いてから、散歩がてら近くのお土産屋さんなどを物色しに行きました。

箱根 179
これは、たまたま見つけた古い酒屋さんに掛けてあったものです。

箱根 178
ここで寝酒用の地酒やワインなどを買い込みました(おきまり行動です)

箱根 182
この、滝通りという細い道には、古くからの旅館が並んでいます。

箱根 189
横を流れるのは須雲川です。川沿いを歩いて旅館に戻ります。

箱根 193
ひとフロ浴びてから、もちろん、イッパイ飲りながらの夕食。

箱根 208
箱根ラベルのビール。

箱根 192
なによりも楽しいのは、小学校時代のイタズラ反省会(笑)ちょっと他人には言えない事だらけで、警察の方が聞いたら、タイホまちがいなしです(苦笑)

箱根 204
この女性は、お部屋係の渡部さんです。カラオケの手配やら、色々と気配りしていただき、たいへん助かりました。誌面の上からではありますが、お礼申しあげます。

箱根 114
翌日は箱根登山線に乗ってぶらぶら。

箱根 115
この写真は、たまたま前日に、停車していたモハ2形110を撮ったものです。愛らしい車体がいいですね。

箱根 223
我々の乗った電車は、何度もスイッチバックを繰り返して、宮の下駅へ。

箱根 220-1

箱根 224
急な坂道を下って骨董屋さんの集まってる通りに向かいます。

箱根 225
坂の途中にあった、足湯付きのカフェ。外人さんもいました。

箱根 234
国道1号線沿いのセピア通り。骨董屋さんがたくさんあるので、そう呼ばれているようです。

箱根 233
嶋写真館には、箱根を訪れた沢山の有名人の写真が飾ってありました。

箱根 231
いろんな方の写真の中で、私の目を引いたのが、この十朱幸代さんの写真です。おそらく、十数年前に撮られた物だと思いますが、イマイチですよね(笑)

スキャン0003
ところが、つい最近の雑誌で見かけたのが、この写真です!十朱さん、とても69歳には見えない若々しい美しさです。やっぱり、女性は魔物です(笑)

箱根 230
さて、肝心の骨董屋さんのほうは、めぼしい物がなくて、わざわざ来たかいなく空振りでした。

箱根 242
せっかくなんで、近くにあった共同浴場の太閤湯へ。入浴料はたったの300円です。

箱根 243
S氏は愛用のコロコロを引いて入ったところ、受付のオバサンに「私、このコロコロ嫌いなのよね!床も汚れるし」と、いきなり怒られて、雑巾でローラーを拭かれながら入場(笑)地元オバサンの口撃に身を小さくして入浴です。

箱根 246
おフロの中は、脱衣場も洗い場も、限りなくシンプル。開け放された窓からは、箱根の気持ちいい景色が眺められます。
ただし、お湯はとても熱くて、体感で45~48℃はラクにある感じ。ちょっと浸かっただけで、体がビリビリして、真っ赤になるほどで、のんびり入っては、いられませんでした。
地元の人もきっと長居せずに、ザブンとひと浴びして出ていくんでしょうね。

箱根 239
今日のラストは、セピア通りのベンチで見かけた老紳士…なにか想い出して微笑んでおられるような姿です。
齢をとって、こんな感じに日々を送れたら、いいでしょうね。




中年探偵団!小田原「だるま料理店」に現る

先日、小学校時代からの幼なじみ3人で、箱根方面へ痛飲旅行に行ってきました。
自称、中年探偵団笑
箱根 002
おなじみのN氏とS氏です。東海道線の快速アクティー熱海行きにふらりと乗り込みます。
自由席は一杯で、グリーンの2階席へ。
焼酎ハイボールで乾杯。朝から大威張りで飲めるのが旅行の特権でしょうか(笑)

箱根 104
「お昼をどこかで食べようぜ」ということで小田原で途中下車です。

箱根 098
遠くに小田原城が見えます。

箱根 050
N氏が探しておいてくれたお店があるということで、小田原駅の東口から、駅前大通りを、市民会館のほうへ歩いてゆきます。

箱根 049
近代的な街並みの中にぽつぽつと古い店もあります。
味わいたっぷりな、日栄楼さん。

箱根 004
ストウ商店さんは、仏壇や仏具のお店です。

箱根 040
あ、ありました。ここが、本日のお昼の目的地「だるま料理店」さんです。駅から歩いて7分くらいです。
お寺の入り口かと思わせる、唐破風(からはふ)造りの、堂々たる店構えです。

箱根 041
だるま料理店さんのホームページによると、創業は明治時代で、関東大震災でお店が損壊し、大正15年に再建されたということです。

箱根 017
お店の入り口の右手には、だるまさん。
このお店の創業者は達磨(たつま)さんという方で、だるまとも読みますよね。それで屋号にされたようです。

箱根 016
お店の左手には、おかめさん。

箱根 019
建物は、有形文化財に登録されています。納得ですね。

箱根 023
中に入ると、大正ロマンを感じさせるたたずまいに、びっくりです。

箱根 022
さて、何を注文しようか真剣に迷います。、この店の人気№1は天丼らしいですが、我々は飲んべえなので、酒のつまみに、刺身の盛り合わせと、金目鯛の煮付けと、野菜の煮物をたのみました。

箱根 031
刺身の五点盛り合わせ。新鮮さが、ひと目でわかります。

スキャン0001
刺身の盛り合わせには、お魚の名前を書いた紙が添えられてました。庄子というのは、カンパチの子どもだそうです。細やかな心遣いが嬉しいですね。

箱根 029
刺身のひとつひとつが、ざっくりと厚切りです。もちろん、文句なしの旨さでした。

箱根 032
上が金目鯛の煮付け。下は、鶏肉や椎茸、芋などが入った煮物です。

箱根 033
七福神のような笑顔が、美味しさの証明でしょうか(笑)

箱根 018
お値段も良心的でしたよ。

箱根 013
料理の質から接客やサービスにいたるまで、辛口批評の我々も、そろって合格のジャッジです。
私の評価(笑)★★★★☆ 星5個中で星4つですww

だるま料理店0465-22-4128

箱根 052
小田原駅のすぐ近くに、なにやら路地裏探索心をくすぐるゲートが…
ここは、おしゃれ横丁という名前がついてます

箱根 068
この横丁のオブジェなのか、ドリームタワーと書かれています。

箱根 081
生きてるように見えますか?ワンちゃんもオブジェです。

箱根 083
この日は、ハロウィンの前日でした。
このあと我々は箱根方面に向かって、珍道中続行です。
N氏、S氏が、なにか事件に遭遇したら、再登場いたします(笑)


中年探偵団登場!伊東湯の花通り商店街 飯や笑 (まんまやえみ)

6月25日、幼なじみ3人組で伊東温泉へ。

sunaxtupu 023
伊東駅前。

sunaxtupu 026
友人N氏さっそく、旨い肴でイッパイやろうと、お店の探索開始。

sunaxtupu 027
駅前交番の前のにぎやかな通りへ。

sunaxtupu 029
お湯かけ七福神の弁財天、身の丈は30センチちょっと。
ひしゃくで、お湯をかけられます。

sunaxtupu 034
角の、すし茶屋さんの前を左に曲がると、落ち着いた雰囲気の商店街が続いています。
湯の花通り商店街です。

sunaxtupu 036
これは寿老人です。
ノドも渇いてきたし、早くイッパイやりたい…ガソリン切れ寸前ですっ。

sunaxtupu 062
むむっ。笑(えみ)という店がありました。
酒のみの勘で、この店に決定。

伊東 001
久が原小学校の幼なじみS氏とN氏です。二人とも、私の兄貴のような外見ですが(笑)

伊東 006
落ち着いた感じの店内。

sunaxtupu 056
中々(なかなか)や百年の孤独など、ちょっといい焼酎があります。

sunaxtupu 052
百年の孤独、いきます(笑)

sunaxtupu 042
定番ですがアジのたたき。新鮮さが絶対条件。勿論、合格です。

sunaxtupu 045
これが食べたかったんですっ。金目鯛の煮付け。

sunaxtupu 047
そして、冷やしトマトを注文したら、近くの八百屋さんへ、とれたてを買いに行ってくれたんです。
申し訳ないほど、美味でした。

伊東 002
トマトを買いに行ってくれたおかみさん、どーもすいませんっ。

sunaxtupu 055
味にうるさいS氏も太鼓判です(七福神の寿老人に似てますね)

sunaxtupu 054
N氏も満足そうな表情です(布袋さんですね)

sunaxtupu 059
値段も安くて、おかみさんも親切。伊東に来たらまた寄りますね!
このメンツ・・・これ以降、中年探偵団として、時々登場しますので、どうぞよろしく!

飯や笑 (まんまやえみ)
伊東市猪戸1-5-42
TEL0557-38-2488
http://www.aji-emi.com





プロフィール

さくら

Author:さくら
演歌歌手水田竜子さんを応援しています。J-POPは高橋真梨子さん、K-POPはKARAが好きだったけど、3人が脱退して、ほぼ解散状態(泣)
路地裏探索からスタートしたブログですが、最近は御朱印集めがマイブームの毎日。
パソコンがクラッシュしてから記事書くのが面倒臭くなり、更新が途絶えてますが、読者の皆様ほんとスミマセン。そのうち気が向いたらUPします(笑)
ツイッターもやってますので気軽にフォローして頂けたら幸いです!
ペンネームの「さくら」は名字から・・・『男はつらいよ』の寅さんの妹、優しい「さくら」のファンでもあります。

最新記事
さくらのTwitter
カテゴリ
人気ブログランキング
にほんブログ村ランキング
アクセスカウンター
ランキングバナー
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
最新コメント
NOTICE
当ブログ内で使用している、歌手、アーチスト、女優、タレントなどの画像、動画、歌詞等々は、あくまで個人で楽しむ目的で使用しており、全ての著作権・肖像権は、著作権元に帰属致します。 決して、著作権元の権利を、侵害するものではありません。 不適切な内容があった場合には、削除等の対応を検討致します。
楽天
リンク
月別アーカイブ
東京天気
グリニッジ標準時
潜航艇クリック!
台風情報
クリックすると細かい情報が見れます↓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。