スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四万温泉「積善館」その2

四万温泉 173
朝、目が覚めて早速、昨日入らなかった「元禄の湯」へ・・・




四万・SUBカメラ 082

四万・SUBカメラ 072
本館玄関の脇からいったん外へ出ます。






1293d9.jpg
目の前にある建物の1階が、男湯の入り口。






CIMG8879.jpg
もちろん、隣は女湯。



58c0fdb9ba0357f634b20865a5e8668c.jpg
こちらが「元禄の湯」・・・昭和5年に建てられた、このお風呂の建物は、国の登録有形文化財に指定されています。
大正ロマネスクというんでしょうか・・・高い天井と、アーチ型の窓が印象的です。
5つの浴槽の底から、こんこんと、源泉が沸き出ていて、人が入って、湯がこぼれて少なくなっても、またすぐに浴槽の湯が一杯になって、溢れていきます。





shima2b.jpg
源泉は熱くて気持ちいいです!
文句なしに、この「元禄の湯」が、この宿で一番ですね!
水でうめたいときは、この年代物の蛇口をひねります。
水を出す人は、誰もいませんが・・・





四万・SUBカメラ 042
脱衣所は扉を開けた左右にありますが、湯船との間に仕切りがなくて、着替えてるのが丸見えなので、ちょっと恥ずかしいかな笑






dsc00814.jpg
壁側には、なんと蒸し風呂(サウナ)もありました・・・1mくらいの小さな扉です。




o0600040012435369540.jpg
「元禄の湯」を出たところにある、飲泉所・・・柄杓で飲む源泉は、かなり熱かったですが【胃腸に効く】というのを信じて、何杯もいただきました。




四万・SUBカメラ 065
この建物の1階が「元禄の湯」です。



img_627908_58473157_8_2013112218471602d.jpg
宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」に登場する湯屋の建物と赤い橋・・・このモデルとなった温泉宿は、この積善館以外にも、いくつかあるそうですが、宮崎監督は実際に、何回もこの宿に投宿してるそうです。
きっと頭の中で、風情のある建物が、いくつも合わさって、この映画の湯屋になってるんですね。









四万・SUBカメラ 054
脇を流れているのは新湯(あらゆ)川・・・この川底から、源泉が湧き出しているそうです。
左右の建物をつないでる、屋根付きの古い橋は「廊下橋」です。









四万・SUBカメラ 067
川沿いから、もうもうと湯気が上がっていて、ほんとに湯治場らしい趣です。





四万・SUBカメラ 074
女湯も、気持ちよかったそうです。





旅館 積善館
群馬県吾妻郡中之条町四万温泉
TEL 0279-64-2101
積善館公式HP←











にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ













関連記事
スポンサーサイト

tag : 廊下橋 元禄の湯 千と千尋の神隠し 積善館

四万温泉「積善館」その1

四万・SUBカメラ 062-1
今夜の宿は、四万温泉郷の新湯(あらゆ)にある「積善館」です。




四万・SUBカメラ 063
創業は元禄7年(1694年)だそうで、300年以上の歴史がある老舗旅館です。
手前に架かっている橋は、慶雲橋。






his_main_img-1.jpg
これは、旅館のHPから・・・
明治初期は、まだ2階建ての建物ばかりだったようです。
慶雲橋と建物の位置関係は現在と一緒ですね。




hj.jpg
昭和11年、うしろの裏山の中腹に、積善館山荘が建てられました。





gt.jpg
昭和61年には、山荘のさらに上に、新館の佳松亭積善が建てられます。
本館、山荘、佳松亭の3つの建物が、増築、改築されて、複雑につながっています。





四万・SUBカメラ 078-1
第15代当主が書いた看板が、今も架けられています(現在の当主は第19代)





四万・SUBカメラ 077-1
積善館本館玄関。
現存する、日本最古の湯宿建築として、重要文化財に指定されています。




nj_201311161438106f3.jpg
昭和17年8月に来館した、陸軍大将、東條英機さんです。
本館玄関や、看板が、当時のままだということが、よくわかります。






四万温泉 176
四万温泉 084
自分たちが泊まったのは、積善館山荘。
昭和11年建造の部屋ですが、よく手入れされていて、次の間にコタツがセットされてて、とっても落ち着きました。






四万・SUBカメラ 025
宿の案内には、こんな注意が・・・
マジに、熊の目撃情報あるそうです。



四万・SUBカメラ 012
夕食までに時間があるので、佳松亭の露天風呂「杜の湯」へ。
紅葉も残っていて綺麗だったんですが、人が入ってきたんで、写真1枚しか撮れず、残念。




gy.jpg
夕方から、19代の当主、黒澤大二郎氏による、館内歴史ツアー(宿泊者無料)に参加しました。
この積善館本館は、宮崎駿さんの「千と千尋の神隠し」のモデルの宿のひとつなんです。





四万温泉 105
本館2階の一室で、スライドを見ながら、そして館内のあちこちを案内してもらいながら、興味あるお話が聞けたんですが、長くなるので、ここでは省きます。




36d7bfed0713c7cb93c5570e37cc44a7.jpg
本館2階の廊下。



img_424767_13844803_7.jpg
本館から山荘へ続くトンネル・・・



四万温泉 113
帳場。



四万温泉 111
歴代の積善館の当主・・・田舎の古い家にはありましたよね。



四万温泉 117

四万・SUBカメラ 081

四万温泉 127
湯治の宿泊料金表。


8555530031_db04afe3da_z.jpg
本館と、元禄の湯の前の狭い通りは、昔は越後に抜ける脇街道だったとか・・・右手にあるのは飲泉所。



四万温泉 119-1
昭和5年に建てられた「元禄の湯」・・・とっても雰囲気がありますね。
翌朝ゆっくり入ろうと思います。




四万温泉 149
四万温泉 143
四万温泉 163
夕食で一杯やったあとは、外の足湯に入りました。




shima20130082000620130820121556147-1.jpg
あれ?カオナシ?








四万・SUBカメラ 032
寒くなったんで、家族風呂「山荘の湯」へ・・・ここは内カギをかけて入ります。




simaonsen_sekizenkan21.jpg
そして本館にある「岩風呂」は、この旅館唯一の混浴です。


dsc00845.jpg
私一人、期待十分で入浴しましたが、誰も入ってきませんでした笑







cf1464b8.jpg
本館の夜景。

img_1300925_38867038_1.jpg








四万温泉 141
四万温泉 137
おやすみなさい・・・
もう少し、続きます(おつきあいくださって、有難うございます)








にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ













関連記事

tag : 積善館 佳松亭積善 慶雲橋 積善館山荘 黒澤大二郎 元禄の湯

四万温泉郷 蕎麦「なが井」

3b6e2b35-1_201311091644261d5.jpg
昔、医療技術や知識が普及していなかったころ、温泉療法で疾病を治す湯治が、江戸時代以降、全国で盛んになったといわれています。
4万の病気に効くという名湯の湧く、群馬県吾妻郡の、四万(しま)温泉郷。





四万・SUBカメラ 084
ここ、四万温泉の湯は、峩々温泉、湯平温泉とともに「日本三大胃腸病の湯」と呼ばれています。






src_22731070.jpg
src_22731086-1.jpg
中之条駅前の、関越バスのりば。






49130a5f.jpg
清流四万川に沿って、四万温泉口、山口を通り・・・





IMG_2171-1.jpg
38d709b6e045aa80e9c3c04331c87219-1.jpg
月見橋を渡れば、新湯(あらゆ)と呼ばれるエリアです。





shima_insen_04.jpg
銀泉茶屋で、道案内を乞えば、今夜の宿は、すぐ近くとのこと。






CA3G0162.jpg
まだ時間もあるので、ちょっと寄り道を・・・






四万温泉 044
蕎麦なが井さん・・・ここを入ったらテーブルと椅子席がありました。
「隣から入ると、お座敷ありますよ」と言われて、いったん外へ・・・




P93000521.jpg
こっちが、座敷席の入り口。





四万温泉 041




四万温泉 013
四万温泉 014
大きな窓から、暖かな光が差し込んでいて、庭の雑木林も、少し紅葉していました。





四万温泉 040
四万温泉 036
ゆったりとした座敷には、たくさんの色紙!





四万温泉 019
中村勘九郎さん・・・1991年の署名だから、5代目勘九郎さんのですね。
2005年に18代目勘三郎を襲名して、2012年に、惜しまれながらこの世を去った名歌舞伎役者です。
現在の勘九郎さんは、6代目で、奥さんは前田愛さんです。








四万温泉 026
児玉清さん・・・司会されていた長寿番組、パネルクイズアタック25は、あまりにも有名です。
この方は、芸能界きっての読書家で、1万冊以上の蔵書をお持ちで、家が傾くほどだったそうです。
2011年に亡くなられていますね。







四万温泉 012
同行してもらったご婦人(^^;;




四万温泉 038
籐の正座椅子・・・これが気に入ったみたいです笑







CA3G0190-1.jpg
良心的な蕎麦のお値段ですが、注意すべきは営業時間・・・11時から14時まで、昼どきの3時間だけです!






四万温泉 015
四万温泉 034
天ぷら蕎麦が美味しかった~~!!!





四万温泉 027
湯治場四万温泉の絵図。




四万温泉 020
昭和58年の国体で、この地を訪れた皇太子(現天皇陛下)夫妻が、中之条町役場にて、なが井の蕎麦を召しあがられたそうです。







top_01-1.jpg
















四万温泉 045
四万川沿いの側道に、クルマ4台分の駐車スペースがあります。





四万温泉 046-1
このあと、もう少し続きます。















にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ









関連記事

tag : 四万温泉 月見橋 蕎麦なが井 四万川 湯治場 児玉清 中村勘九郎

プロフィール

さくら

Author:さくら
演歌歌手水田竜子さんを応援しています。J-POPは高橋真梨子さん、K-POPはKARAが好きだったけど、3人が脱退して、ほぼ解散状態(泣)
路地裏探索からスタートしたブログですが、最近は御朱印集めがマイブームの毎日。
パソコンがクラッシュしてから記事書くのが面倒臭くなり、更新が途絶えてますが、読者の皆様ほんとスミマセン。そのうち気が向いたらUPします(笑)
ツイッターもやってますので気軽にフォローして頂けたら幸いです!
ペンネームの「さくら」は名字から・・・『男はつらいよ』の寅さんの妹、優しい「さくら」のファンでもあります。

最新記事
さくらのTwitter
カテゴリ
人気ブログランキング
にほんブログ村ランキング
アクセスカウンター
ランキングバナー
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
最新コメント
NOTICE
当ブログ内で使用している、歌手、アーチスト、女優、タレントなどの画像、動画、歌詞等々は、あくまで個人で楽しむ目的で使用しており、全ての著作権・肖像権は、著作権元に帰属致します。 決して、著作権元の権利を、侵害するものではありません。 不適切な内容があった場合には、削除等の対応を検討致します。
楽天
リンク
月別アーカイブ
東京天気
グリニッジ標準時
潜航艇クリック!
台風情報
クリックすると細かい情報が見れます↓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。