スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンバレンの散歩道(箱根堂ヶ島渓谷遊歩道)

箱根 113
今回は、晩秋の箱根で、みなさんが、あまり行かない場所へ・・・
箱根湯本と強羅を結ぶ、箱根登山鉄道。







箱根 223
宮ノ下駅で下車して・・・






4816d757-1.jpg
あじさい坂を下っていきますと、NARAYA CAFEさんがあります。






20100427_4.jpg
これから約1時間半、ちょっとキツイ渓谷の散歩道を行くので、お茶しながら、足湯に浸かって充電していくのが、お奨めです(おトイレも忘れずに)











e0142377_16525399.jpg

800px-Fujiya-Hotel-main-bldg-1.jpg
坂下の国道1号線に出て、左に行けば、歴史のある、嶋写真店や、富士屋ホテルなどがあります。
この通りは古い骨董屋なども多くて、セピア通りと呼ばれています。





91a65768.jpg
セピア通りを右手に進んで、対星館(現在リニューアル工事中)のケーブルカー乗り場脇にある、細い坂道を下りていきます。
箱根吟遊の前を通りすぎると・・・





箱根・修善寺 012
T字路にぶつかります。
ここが、「チェンバレンの散歩道」と呼ばれてる、堂ヶ島遊歩道の入り口です。




箱根・修善寺 013
右手に伸びる急坂を下りていきましょう。




箱根・修善寺 014
時折り吹き上げてる湯気は温泉の源泉でしょうか・・・





箱根・修善寺 020





箱根・修善寺 021





箱根・修善寺 025
この坂は、「デジャヴ坂」というそうで、木陰から時折り、早川の流れが望めます。





箱根・修善寺 027
カーブを曲がって視野がひらけると、向こうの高台から、こちらに長く垂れ下がるように、ケーブルが延びている光景に出くわします・・・まるで緊急脱出口のようで、ちょっと吃驚。







箱根・修善寺 032
大和屋ホテルのロープウェイです・・・この渓谷は箱根の中でも、堂ヶ島温泉と呼ばれるエリアです。





箱根・修善寺 033
ホテル宿泊客専用のゴンドラ。






箱根・修善寺 036
大和屋ホテルの入り口の前を通り、右手の坂を下りていきます。





箱根・修善寺 038
朽ちた消火栓・・・




箱根・修善寺 044
旅館の裏手を抜けていきます。





箱根・修善寺 046
縦横に伸びているパイプは、温泉の源泉を旅館に送る為のパイプでしょうか。
旅館の敷地内のようですが・・・こんなとこ、堂々と通っていいのかな?笑





箱根・修善寺 049







箱根・修善寺 048
「調べの滝」と、書いてあります・・・ここは、対星館という旅館の敷地なので宿泊者以外は入れないようです。






箱根・修善寺 051-2
木陰に見える「調べの滝」







箱根・修善寺 052-1
対星館の敷地を抜けると、トラス型の橋があります・・・夢想橋です。






千枝子・旅行 004

箱根・修善寺 055-1
源流の芦ノ湖から、箱根七湯を縫うように流れてくる早川。







dsc00583_1-1.jpg
夢想橋を渡って、左に折れると、すぐに渓谷沿いに昇る道になります・・・ここからアップダウンのきつい道が続きますので、ハイヒールなんて、もってのほかですよ!










箱根・修善寺 061-1

箱根・修善寺 062-1






3ca2635c_201312131803084d5.jpg
宮ノ下から木賀方面に向かっています・・・




47a30dee.jpg
昇りと思えば・・・





箱根・修善寺 064-1
今度は下り・・・遊歩道なんて、なめて歩いていたら、ひどい目に会います笑
よろけながらカメラを構えていたので、このへんは全部ピンボケばかり・・・





箱根・修善寺 066
急斜面なので、落石にも注意!







箱根・修善寺 069-1
少しラクな道のりになったところ・・・対岸の上のほうにチラリと見えるのは、どこかのホテルでしょうか。






1654d126.jpg





箱根・修善寺 078
アップダウンが少なくなってきたら、東電の川久保発電所がありました。



箱根・修善寺 067

箱根・修善寺 082

箱根・修善寺 084
柵に囲まれた、水路施設が見えます。





箱根・修善寺 087
遊歩道の終わりまで0.3キロ。







箱根・修善寺 079









箱根・修善寺 092
吊り橋が見えてきました。




千枝子・旅行 013




箱根・修善寺 095

箱根・修善寺 102
この標識の下には、重量制限、大人3人、180kgまで・・・と書かれていました。





箱根・修善寺 116
少しスリルがあります・・・






箱根・修善寺 103
上流に見える堰。



箱根・修善寺 118






箱根・修善寺 123
吊り橋を渡り、反対側の坂道を上がっていくと、樹木の間に、古い家屋が・・・





箱根・修善寺 124

箱根・修善寺 126
廃屋でした・・・





箱根・修善寺 128
明治時代、イギリス人のバジル・チェンバレンという学者さんがいて、日本の文化を研究するかたわら、箱根に書斎を置き、富士屋ホテルを常宿としていたそうです。
箱根の自然に魅せられたチェンバレン氏は、折りにふれ、この早川沿いの渓谷を、春夏秋冬、歩いては楽しんでいたので、この道は、「チェンバレンの散歩道」と呼ばれるようになったとのことです。
もしかしたら、彼は、この廃屋が、ちゃんとしていたころを、見ていたかもしれません・・・








箱根・修善寺 135

dsc00639_1.jpg
石段を上がると・・・






箱根・修善寺 137
堂ヶ島遊歩道の、反対側の入り口に着きました。
ここを上がると、木賀温泉入り口というバス停です。







場所の参考に↓
ノスタルジック散策路(宮ノ下温泉HP)


宮ノ下散策マップ





にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


街並み巡り ブログランキングへ


KARA ブログランキングへ















関連記事

tag : 箱根登山鉄道 宮ノ下 堂ヶ島遊歩道 NARAYACAFE 富士屋ホテル 早川 対星館 大和屋ホテル

コメントの投稿

非公開コメント

おはよん 登山電車3人で乗った事あったね。あの共同浴場近くだっけ?
おばさんに自分のキャリーバッグが汚いと怒られた所は?
N氏風に、言えばババァ うるせんだよ(笑)

箱根だと、芦ノ湖とか、強羅、大涌谷などが有名だよね
箱根も、奥が深いね。もちろん、ここの場所は行ったことがない。

また紅葉も綺麗だね あまり人にも、会わなかったでしょう。
マニアックの場所だよね

Re:毎度 コメントありがとうございますww

ソワカさんへ
そうそう!登山電車で行ったとこです~~~
たしか、太閤湯だったかな・・・あのうるさいオバサンとこです(^^)/
この遊歩道の入り口から15分くらいのとこだと思います。
同じ宮ノ下駅で降りたし、けっこう近いよね!
実は修善寺の温泉も去年行ってるんで、そこの写真もあるんだよね笑
なかなか、ブログに書くのが遅くて、パソコンに写真が溜まりまくってますww
忘年会、楽しみです~~!!!
隠れ家に、お邪魔しますので、どうぞ、よろしくね~~~
v(^^)v
年末年始は飲みが続くから、おたがいに、体に気をつけましょうね笑♪


素敵な渓谷ですよネ〜 昨日、箱根登山電車に、乗ったら、箱根の四季のポスターの夏に、この渓谷が載っていたので、インターネットで調べていたら、記事と写真を見つけました。参考になりました。是非、深秋に訪ねてみたいです。

Re: コメントありがとうございます

mermaidmariさんへ

コメントいただき、誠にありがとうございます!

ここの渓谷は、国道の近くにありながら、アップダウンがキツイので、遊歩道だと思ってなめていくと、なかなか大変ですよ笑

紅葉の時期も、微妙に近辺とズレがあるようなので、行かれる際は、渓谷の近くの旅館に、紅葉してるか電話で確認してから、トライされたほうがいいですよ。

ヘンテコな記事ばかりの、当ブログにご訪問くださいまして、、ありがとうございます(^^)/




プロフィール

さくら

Author:さくら
演歌歌手水田竜子さんを応援しています。J-POPは高橋真梨子さん、K-POPはKARAが好きだったけど、3人が脱退して、ほぼ解散状態(泣)
路地裏探索からスタートしたブログですが、最近は御朱印集めがマイブームの毎日。
パソコンがクラッシュしてから記事書くのが面倒臭くなり、更新が途絶えてますが、読者の皆様ほんとスミマセン。そのうち気が向いたらUPします(笑)
ツイッターもやってますので気軽にフォローして頂けたら幸いです!
ペンネームの「さくら」は名字から・・・『男はつらいよ』の寅さんの妹、優しい「さくら」のファンでもあります。

最新記事
さくらのTwitter
カテゴリ
人気ブログランキング
にほんブログ村ランキング
アクセスカウンター
ランキングバナー
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
最新コメント
NOTICE
当ブログ内で使用している、歌手、アーチスト、女優、タレントなどの画像、動画、歌詞等々は、あくまで個人で楽しむ目的で使用しており、全ての著作権・肖像権は、著作権元に帰属致します。 決して、著作権元の権利を、侵害するものではありません。
楽天
リンク
月別アーカイブ
東京天気
グリニッジ標準時
潜航艇クリック!
台風情報
クリックすると細かい情報が見れます↓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。